指毛は医療レーザー脱毛するべきです-その根拠はここにあります

指毛は自分でもよく目に付く部分なので、一度気になり始めると気持ちも落ち着かず、生えているだけで何となく憂鬱になりがちです。

カミソリや毛抜きなどで自己処理しても良いのですが、指毛はとても処理しにくい部分なので、肌トラブルを始めとした色々な問題が発生する事も少なくありません。

そこで、可能であるならば思い切って脱毛してしまうという方法が一番、安全かつ効率的だと考えられます。

指毛脱毛の色々

指毛を脱毛する方法には、色々な手段があります。

ニードル脱毛、光脱毛、レーザー脱毛などが代表的な方法と言えるでしょうか。

結論から言うと、指毛の脱毛にはレーザー脱毛が一番適していると言えます。

その根拠として、他の脱毛方法がなぜ指脱毛に向かないかをまずはお話してみましょう。

まず、ニードル脱毛は、他の部位の脱毛でもあまり利用する人がいなくなってきている事から、施術を扱うサロン自体も減少しています。

また、ニードル脱毛は痛みが強いので指のような細かな部分の脱毛は強い痛みを伴う可能性が高く、あまりお勧めできません。

それに根元に針を刺すので感染リスクもとても高くなります。

また、光脱毛の場合は、痛みが少なく細かな部分の施術も可能となっているので一見、良さそうに見えます。

ただ、レーザーと比較した場合には、出力が低いため指毛のような狭い範囲に生えている細い毛だと効果が出るまでに時間がかかる事が多くあります。

指毛脱毛には医療脱毛が適しています

一方のレーザー脱毛は、医療機関のみが取り扱う事を許されている脱毛方法であるため、出力を高めに設定する事が可能です。

そのため、指毛のように狭い範囲の細い毛でも狙ったように処理する事が可能とされています。

もちろん1回の施術で全て完了という訳にはいきませんが、光脱毛に比べれば施術の回数は少なくて済む場合がほとんどです。

こうした点から考えても、指毛の脱毛方法には色々ありますが、一番効率的かつ効果的なのはレーザー脱毛だと言えるでしょう。

⇒トップページに戻る

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。