指毛の意味って何?はっきりいって今の時代は不必要なものですよね

指毛が生えている意味って何かあるのでしょうか?

調べてみると、指を守るために生えていると書いてありました。


「何から指を守るんですか?」って気がしませんか?


基本的に毛が生えているのには意味があると言われていますけど、昔と今は状況が違いますので必要か不必要かで言えば、今は不必要だと言えるのではないでしょうか?

見た目を悪くする、美を損なうだけのものだと言えると思います。

『きもい』し『気持ち悪い』から、いらないと思うのでないでしょうか?

本当に邪魔な存在でしかありません。


処理し忘れると、あなたの指毛を見た人が不快感を覚える可能性も低くないと思います。

処理方法

ムダ毛の処理方法には色々とありますよね。

『カミソリやシェーバーで剃る』

『毛抜きやソイエで抜く』

『除毛クリームで溶かす』

『脱色クリームで色を抜く』

などが思いつきました。


それぞれにメリットがありますが、デメリットもあります。

それぞれのメリット

カミソリやシェーバーは、いつでも簡単にサッと処理することが出来ます。

毛抜きやソイエは、奥から抜くことが出来ますので、黒い点々が目立ったりすることもないし、次の毛が生えてくるまで時間がかかります。

除毛クリームは、毛穴の少し奥まで入り込みますので、カミソリやシェーバーよりも深めに処理ができます。

脱色クリームは、色を薄くしてくれるので目立たなくなります。

それぞれのデメリット

カミソリで処理すると毛穴が広がってしまったりカミソリ負けを起こしたり、利き腕で無い方の手で処理するのが大変。

除毛クリームは毛を溶かす成分(極端な書き方をすればタンパク質を溶かす成分)が入っていてヒリヒリが異常に強い。

脱色クリームも毛の色を抜く強い成分が入っているので、肌をヒリヒリさせてしまう。

毛抜きやソイエで抜く方法は、細い指毛だから痛くないと思っていたけど、何気に痛い。

シェーバーはヒリヒリ感や毛穴の広がりはあまりないけど、毛穴が目立ってしまうので中途半端な結果に。

このように、指毛の処理方法を確認してみると、多くの女性が、その処理方法に不満を持っていることが分かりました。

そして最大のデメリットは

どの方法で処理しても数日すれば、ニョキニョキと毛は生えてきてしまいます。

ですから一時的に綺麗なだけなんですよね。

どうにか毛が生えてこなくなる方法はないかと調べていたら、抑毛という方法を発見しました。

ところが、この方法は個人差がとても強い方法のようで、口コミサイトの@コスメでの評価は、どの商品も低いんですよね。

コントロールジェルME、パイナップル豆乳ローションなどがあてはまります。

全然効果を感じず、お金を損したと感じている人が続出しているようなので、使用できません。

ではどうすれば?

指毛が太くて濃くて目立つと、本当に恥ずかしいですよね。

多分自己処理をしなければ、かなり長く伸びてふさふさと目立ってしまうのではないでしょうか。

処理しても、毛が太い場合は毛穴も大きいと目立ってしまいます。

生えている意味がないのだから、生えなくていいのに・・・。

本当に煩わしい存在の指毛・・・。

しかし自己処理では、一生懸命頑張っても、また生えてくるし見た目も悪いしどうしようもないのが現実なのではないでしょうか?

⇒指毛処理は医療レーザー脱毛に任せてみては?

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。