指毛の手入れはどうすればいいの?自分でできることには限界があります

指の毛が長い、濃いという人は、切ったり剃ったり溶かしたり抜いたりして手入れされていると思います。

その中で、肌へのダメージが少なくトラブルを比較的回避できるのが、シェーバーやハサミを使った方法です。

眉用の先の小さなハサミなどを使って長い毛を切り落とすという人が多いようですね。

ハサミを使用した処理では、直接皮膚に刃を当てたりする事がないので、皮膚を刺激しないですみます。

そのため、肌に取ってはメリットのある除毛方法だと言えるでしょう。

でも、ハサミの場合は根元までキレイに切ろうとして皮膚を傷つけてしまう可能性は高くなります。

シェーバーはハサミ以上に綺麗に剃ることができますし、利き腕とは反対の手を使っても、ハサミの時のようにぎこちなくなることはありません。

そしてカバーが付いているので、刃が皮膚を刺激することはありません。

しかし結局は、毛を切る・剃るだけのことなので処理してもすぐに伸びてきてキレイにならない事がほとんどです。

限界があるわけですね。

指毛をハサミやシェーバーで処理するデメリット

メリットは肌を傷つけないことなのですが、デメリットは除毛クリームやカミソリのように根元から処理できないというところですね。

長い時よりは目立たなくなりますが、目に見えて分かるようになるのはカミソリや除毛クリームより早くなります。

処理すると言ってもハサミで切った後やシェーバーで剃った後の毛先が黒く点々と残る場合も多いので、毛もなくて毛穴も目立たないキレイな状態にするのは難しいのが現状です。

脱毛という手

指の皮膚の事を考えたらカミソリや毛抜きのように刺激のある物を使うよりもハサミの方が良いとは言えます。

ただ、キレイに処理できるかどうかというと、その点は疑問が残ります。

もしも、今あなたが指毛をなくしてキレイな指になりたいと希望しているのであれば、ハサミやカミソリやシェーバーを使った自己処理では不可能です。

完全になくして綺麗にするためには、脱毛という手しかありません。

脱毛の施術も皮膚への負担は多少あります。

でもレーザー脱毛なら、施術回数も他の脱毛方法に比べて少なくてすむ場合が多く、美白効果なども期待できるとされています。

そのため、指毛が長い、濃いと悩んでいるのであれば、ハサミを使う前に一度レーザー脱毛を検討してみてはいかがでしょうか?

3~5回で毛は無くなり、お手入れをする必要がなくなりますよ。

⇒指毛はクリニックの医療レーザー脱毛で

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。