指毛の処理をしても黒い点々が残ってしまってテンションが下がる

指に生えている毛は、以外と人目についているものです。

指先をキレイにネイルしていても、ふと見た時に指に毛が生えていたら少し残念な感じがします。

指毛の処理で悩んでいる人は結構いて、カミソリや毛抜き、除毛クリームなどを使って処理している人が多いようです。

ただ、この自己処理にも色々と難点がありますね。

毛はなくなるけれど

指毛の自己処理には、先に挙げたように色々な方法がありますので、それぞれで自分に合った方法を利用している事と思います。

ただ、指毛の処理には色々な悩みが付いてきます。

指毛の悩みで一番多いのが、処理後の肌状態に関するものです。

指毛の自己処理をしたら、黒い点々になってしまった経験をした事がありませんか?

剃ったあとの断面が広くなってしまうので、そうなってしまいます。

毛を処理して無毛の状態にする事はできるのですが、処理した後の肌が黒くてプツプツしていて、それが気になってテンションが下がってしまったり、手を人に見られるのが嫌で憂鬱な気分になったりする事もあると思います。

プツプツは毛抜きで処理した時に、毛だけではなく、周囲の皮膚も引っ張ることになってしまうのでできてしまいます。

それでは、こうした事にならないためにはどうすれば良いのでしょうか?

指毛処理にはレーザー

指毛の生えている部分というのは、範囲がとても狭くてカミソリなどでも処理しにくかったりしますね。

そのため、どうしても傷つけてしまったり、キレイに処理しきれないという問題が出てきます。

そのため、処理後の肌が黒い斑点のようになってしまうという事が起こるのです。

これを回避するためには、脱毛の施術を受けるのが一番キレイにしかも早く処理する方法と考えられます。

脱毛方法といっても色々な方法があります。

黒い斑点は毛穴が目立つ事にも原因があると考えられるので、処理後は毛穴が目立たなくなるとされるレーザー脱毛がより効果が期待できる考られます。

⇒指毛処理はクリニックの医療レーザー脱毛しかないと思います

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。