指毛の自己処理は埋もれ毛(埋没毛)の原因になります

「指毛が気になって毛抜きで毎日抜いています」という人はいませんか?

もしいたら、今すぐ止めた方が良いでしょう。

指毛の自己処理方法には、カミソリ、毛抜き、ワックスなど色々ありますが、中でも毛抜きは指の皮膚に取っては一番負担がかかる方法と言われています。

毛抜きは埋没毛を生む

毛抜きで指毛を処理する事がなぜそんなによくないのかというと、毛抜きでの処理は「埋没毛」につながるからです。

私自身、毛抜きで指毛の処理をしていた経験があります。

痛みはありますが、慣れてしまえば以外と平気で、最初のうちはそれなりにキレイにもなるし良かったと思っていました。

でも毛抜きで抜いても、結局しばらくしたらまた毛は生えてくるのでまた毛抜きで抜かないといけなくなります。

これを繰り返しているうちに、段々と毛自体が皮膚の中に埋もれてしまい、毛抜きでは抜く事ができない状態になってしまったのです。

指の皮膚の下で毛が渦を巻くようにして生えているので、見た目にも黒い斑点のような物が指にたくさんできてしまっていて、とても気持ち悪い状態になってしまっていました。

埋まる毛って、結構悲惨ですよね。

埋没毛の対処法

この毛が皮膚の下でうずまき状になった状態を「埋没毛」と言います。

埋没毛は自然に治ります。

ただし一度、埋没毛の状態になるとどうする事もできないので自然に治るまではそのままの状態にしておかなくてはならなくなります。

そのままというと、毛がうずを巻いた状態の斑点状態でしばらく生活するという事です。

これはとても憂鬱ですね。

とは言っても毛を無理に皮膚から引っぱり出そうとすると肌を傷つけてしまう事になり、肌トラブルを招く原因になってしまいます。

こうした事にならないための究極の処理法が医療レーザー脱毛です。

特に処理後の指の毛穴が目立ちにくくなるレーザー脱毛なら、指毛があった部分が黒い斑点のようになる事もありません。

なお、同じ脱毛でも、エステ脱毛ではイマイチ効果が現れにくい部位ですので、ご注意下さい。

⇒指毛の処理はクリニックでの医療レーザー脱毛しかない

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。